言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「失う」とはどういうことだろうか?
僕らは何かを得た代償として何かを失うのだろうか?
あるいは「失う」とは、それ自体で何者にも換え難い「何か」なのだろうか?

 Elizabeth Bishop(1911-1979)という女性は「失う」という概念に真剣に向き合った詩人だった。

ものを失くす技術を覚えるのは、難しくない。/The art of losing isn't hard to master.

僕らはいろんなものを失う。そして全ては「過去」へと帰される。にもかかわらず、僕らは「過去」に囚われており、そこから逃げ出せずにいる。愛する人を失った悲しみは何ものにも換え難い。にも関わらず彼女は、I shan't have lied.(ものを失うことはやさしいという私の言葉は、「嘘」にならないだろう)と嘯く。詩人は耐えているのだろうか?

 この詩は、villanelleと呼ばれる17世紀フランスの複雑な詩型で語られる。脚韻は2種類のみ、第一連の第一行と第三行全体の変形が、かわるがわる各連の最終行で繰り返され、第6連ではその両方が現れる。是非、朗読を聴いてその音の美しさを体感していただきたい。

→詩の朗読ビデオを見る

人気blogランキングへ

One Art

The art of losing isn't hard to master;
so many things seem filled with the intent
to be lost that their loss is no disaster.

Lose something every day. Accept the fluster
of lost door keys, the hour badly spent.
The art of losing isn't hard to master.

Then practice losing farther, losing faster:
places, and names, and where it was you meant
to travel. None of these will bring disaster.

I lost my mother's watch. And look! my last, or
next-to-last, of three loved houses went.
The art of losing isn't hard to master.

I lost two cities, lovely ones. And, vaster,
some realms I owned, two rivers, a continent.
I miss them, but it wasn't a disaster.

---Even losing you (the joking voice, a gesture
I love) I shan't have lied. It's evident
the art of losing's not too hard to master
though it may look like (Write it!) like disaster.






(日本語訳)

ひとつの技術

ものを失くす技術を覚えるのは難しくない。多くのものごとが失われる意図で満ちているように思えるし、そういった喪失は災難ではない。

毎日何かを失うこと。ドアの鍵を失くした狼狽や、無駄遣いした時間を受け入れること。
ものを失くす技術を覚えるのは難しくない。

さらにものを失くす練習をしよう、もっと早く失くそう、
場所、名前、それから、旅行に行くつもりだった場所を。
どれも災難をもたらしはしないだろう。

わたしは母さんの時計を失くした。ほら、見て!大好きだった三つの家のうち、わたしの最後の、あるいは最後から二番目のも、消え去ったのだ。ものを失くす技術を覚えるのは難しくない。

わたしは二つの都市、美しいのを失くした。そしてもっと広大なわたしが持っていたいくつかの王国、二つの川、一つの大陸を。それらがないのを寂しく思うけれど、災難ではなかった。

あなたを失くした時でさえ、(冗談を言う声、私が愛した仕草)わたしは嘘をつきはしないだろう。
失う技術を覚えるのが難しくないのは明らかだ、(はっきり書こう!)たとえ災難のように見えるかもしれなくても。


※訳は管理人によるものです。意味をとる上での参考にしていただいて構いませんが、誤訳の可能性もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト
どう考えたって感じませんか。愛する人(you、あなた)を失ったって平気だなんて、言えますか。だから、僕にとっては、この詩は屈折したかたちの「愛」の表現に思えます。

最後のスタンザに至るまでの内容から、この詩人の人柄が想像できます。「なんだかいろんなものをどこかに忘れてしまう・・・この前もドアの鍵を失くしてしまった。忘れっぽくて、人の名前や地名とかも、よく思い出せないときがあったりする」・・・きっと、ちょっと慌てん坊だったり、そそっかしかったりして、憎めない人柄だけどちょっと頼りない、そんな感じの人なのでしょう。

ということは、詩のどこにも書いてないけど、こういう人柄だからこそこの詩人は、こんな自分でも良い部分を認めてくれて、しっかり支えてくれる人、すなわち「あなた」を特に必要としているのではないでしょうか。そして、そういう「あなた」を失うことこそ、私には本当のdisasterなのだ、と言っているように響きます。

また、スタンザを重ねることに、物事のイメージが広がっていきます。最初はドアの鍵とか、形見の時計とか、そういう日常のこと。次に住み慣れた家。そしてイメージは、街、河川、大陸・・・と次々に広がっていきます。ここで最後に「あなた」が登場。これは、「あなた」がそれまでの何事よりも「一番大きい」存在であることを示していると思います。

エリザベス・ビショップについては名前しか知らないので、この解釈は僕の勝手な想像です。しかし、いい詩ですね。朗読も素晴らしかったです。
コメントありがとうございます。

「あなたを失うこと」を、これから起こるだろう未来のこととして詩人が想像して書いているのだとすれば、確かに「君を失いたくない」という、愛の表現になりますね。だからこそ、過去に「失ったもの」を列挙し、未来の喪失を予言し、あなたへの「愛」を伝えようとする。タイセイさんの解釈で読むと、詩人は確かに「ちょっと慌てん坊だったり、そそっかしかったりして、憎めない人柄だけどちょっと頼りない、そんな感じの人」なのかもしれません。まさに「屈折したかたちの愛の表現」ですね。

僕は、詩人がすでに「大切なあなた」を失ってしまった(過去の)ものとして読みました。現在から過去の喪失を回想し、未来完了で I shan't have lied.と宣言する――昔からうまくやってきたんだ、今だって平気だし、これからも大丈夫、write it!(はっきり書いておこう!)。つまり、本当は何一つマスターできていないにも関わらず、「強がり」で悲しみを耐え、言葉でだけでも、詩人は「嘘」を「真実」にしようと奮闘しているではないか。この解釈だと、詩人は「一本気な人/未練がましい人」になるのかもしれません。

いずれの解釈にしても、この詩は「歪んだ愛」の表明ということになるでしょう。抑制されたトーンが、返ってイメージを拡張していく、それがこの詩の魅力なのだと思います。

ただ、two cities とtwo riversのtwoとは何なのか、よくわからない。詩人にとって思い入れのある場所であることは疑いないにしても、何故twoなのか。何か面白い解釈があったら、コメント頂けると嬉しいです。





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。