言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街で偶然、彼女と再会。
僕は彼女にドーナッツをあげた。

懐かしかったわ
と彼女が言った。

その晩 僕はドーナッツの夢を見た。
僕は体中にドーナッツを貼り付けて走らされていた。
いろんなものが追いかけてきた。
見知らぬ熊も追いかけてきた。
とにかく、必死だった。

僕らはいつの日か
ドーナッツの真ん中について、考えなければならなくなる。

でも、その前に
ヤー・ヤー・ヤーの歌を唄っておこう。




→ビデオ視聴

※1:The Flaming Lipsは、実験精神旺盛なバンド。カセットを複数の人間がデッキを使って再生するという通常のライヴ概念からまったくかけ離れた、エクスペリメンタル・ショウをやったことで有名。

※2:例によって、上記の文章はビデオ及び歌の内容とは殆ど関係ありません。

人気blogランキングへ



スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。