言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作家エウドロ・アセベドは雨の中、平原の道を歩いていく。雨宿りをする家を探しているのだ。やがて、彼は一軒の家を訪れる。そこで彼を待っていたのは、未来世界の住人だった・・・。アセベドは未来人に過去の在り様を説明しようとする。

「私の過去では」と私は答えた。「毎日夕方から朝にかけて事件が起こり、それを知らないのは恥である、という迷信がはびこっていました。・・・印刷された文字や映像のほうが、事物よりも現実的だった。公のものだけが真実だった。Esse est percipi.(存在することは模写されることである。)」(ボルヘス『疲れた男のユートピア』pp.70-71)

エウドロは「過去」を相対化しようとする。そこにあるのは、シュミラークルな世界、コピーの世界が真実となった世界を生きる僕たちの姿だ。エウドロの話を聞きながら、未来人は自らが生きる「未来」を次のように語る。

「百歳にもなると、人間は愛や友情に頼らずにすむ。さまざまな厄災や不本意な死に怯えることもない。芸術や、哲学や、数学のいずれかに精進したり、独りでチェスの勝負を楽しんだりする。その気になったら自殺する。人間が己の生のあるじならば、死についても同じである」
「それはどこからの引用ですか?」と私は訊いた。
「その通り。もはやわれわれには引用しか残されていません。言語は引用のシステムなのです」(同書p.73)

言語が限りない引用によって構築されているとするならば、世界そのものが引用の織物=テクストを為していることは明らかであろう。知の巨人ボルヘスが示した未来のユートピアは、社会主義的ユートピアの純粋性の極地であった。彼らは過去を忘却し、神無き世界、「言語の牢獄」を生きている。彼らは自らの意思で死を選ぶのだと言う。

「焼却場ですよ」と誰かが言った。「内部には死のガス室があります。グスタフ・アドルフ・ヒトラーとかいう名前の、博愛主義者が発明したものだそうです」(同書p.77)

ユートピアには空虚しかない。ボルヘスは予め、エピグラフによってそれを示したはずであった。

「そのような場所はない」を意味するギリシア語で、ユートピアと彼はそれを呼んだ。(ケベート)

だが、我々の「過去」と「現在」こそが「未来」の萌芽を孕んでいることを、ボルヘスは黙示的に語っている。ユートピアのイマージュは決して存在しない絵空事ではない。それは我々の内にこそあるのだ。

メヒコ街の書斎に、私はキャンパスを置いている。何千年もの後、今はこの星のあちらこちらにちらばっている素材をかき集めて、ある人間が、このキャンパスに絵を描くことになる。(同書p.77)

これから何を描くべきか僕らは知らないし、何故それを描くのか僕らは究極的に知ることができない。さて、あなたならどんなユートピアを描くだろうか?

※ホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges、1899 - 1986)は、アルゼンチン ブエノスアイレス生まれの小説家、詩人。代表作は『伝奇集』、『幻獣辞典』など。本稿の引用は『バラケルススの薔薇』(国書刊行会)に拠る。


スポンサーサイト
TOP

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。