言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、mixiの住人に教えてもらった爵位認定診断

こういう類のゲームは昔からあるけれど、「爵位」という発想がユニークだ。診断後に、

あなたはすばらしい貴族です。
○爵位を授けます。
あなたは貴族として血筋、能力ともに優れた人物のようです。
これからは~公、~卿とお呼びします。

という画面が出てくる。この診断で一喜一憂する人はそう多くないと想像する。大概は笑ってこの画面を閉じるだろう。日本という社会では、「爵位」というものにリアリティがないから、真剣に取り合う必要がないのだ。
しかし、僕はこの画面を見ていたら幾分混乱してきた。「~公」と呼ばれるのは、本来「公爵」のことだ。侯爵、伯爵、子爵、男爵を、そもそも「~公」と呼ぶことはない。おそらく、敬称の‘Lord’を「公」と訳してある辞書を参考にしたのかもしれないが、これは間違いである。そもそも、公爵に「Lord…」と呼びかけることはない。The Dukeか、使用人からはHis graceと呼ばれる。では、「~卿」とは何か?実はこれが厄介な代物であることが本日のテーマ。この「爵位認定診断」の制作者を弾劾するものでは、決してない。
まず、そもそも爵位とは何であるのか確認しておこう。爵位には、

Duke, Duchess(公爵)
Marquees, Marchioness(侯爵)
Earl, Countess(伯爵)
Viscount, Viscountess(子爵)
Baron, Baroness (男爵)

があり、いずれかの爵位を持つ人間をPeerage(貴族)と呼ぶ。左が男性の貴族の爵位、右が女性の貴族あるいは貴族の夫人である場合の爵位である。(後者に関しては一体どうやって訳し分けるのか、といった問題も残る。リーダーズ英和辞典には、「~爵夫人[未亡人]; 女子爵」等とあるが、これにはそういった事情があるのだ。)以上の貴族には、敬称「Lord」をつけて呼ばれるが、Duke(公爵)は前述したように例外である。厳密には貴族ではない、貴族の息子たちにも敬称が付けられることもある。
さて、本題に入ろう。「卿」はそもそも、英語で何を指すのか。実は国内の辞書ではこれらの訳語がかなり混乱している。敬称「lord」の訳語として充てられているなら問題はない。しかし実は、「Sir」の訳語としても充てられていることがあるので注意が必要だ。なぜなら、この「Sir」は貴族ではないからである。「Sir…」と呼ばれるのは、国益のために多大な貢献をしたと認められ、国王からBaronetもしくはKnightの称号を授かった人間のことを言う。つまり、日本でいう文化勲章受章者みたいなものだ。(ただし、Baronetは世襲制、Knightは一代限りである。)このことがわかると、Sirを「卿」と訳した場合、どれだけ混乱が生じるかは自明というものだ。しかも、Baronetの訳語は「准男爵」、Knightの訳語は「ナイト爵」であり、これらの訳語を見て、読者が貴族だと誤解しても不思議ではない。
さて、こうなってくると僕らが貴族だと信じていた「~卿」の存在が、大分怪しくなってくる。とりわけ、19世紀の推理小説の翻訳はどこまで信じていいものか。貴族だと思っていた人間が、実はただの地主(baronet)だったりするのだから困ってしまう。

こんな記事も気になってしまうかもしれない。以下はインターネットで見かけたメールマガジンの抜粋。

<エルトン・ジョンに貴族の称号授与 >
ダイアナ元妃の追悼曲「Candle In the Wind '97」をリリースし、その収益金を全てダイアナ・メモリアル基金に寄付したエルトン・ジョンが、昨年12月30日母国英国から音楽とチャリティーに深く貢献したとして、一代限りの栄爵であるナイト爵の称号を与えられた。エリザベス女王から授与されることになる。エルトン・ジョンの貴族称号授与はビートルズに次ぐ快挙。(http://www.milkjapan.com/1998ln02.html)

ここまでくれば、タイトルからして間違っていることが即座におわかりいただけると思う。爵位に関する誤解は数知れず、わかってしまったばかりに返ってわからなくなるのである。

というわけで、「卿」という言葉を巡ってあれこれ述べてきたわけだが、そもそも、イギリスの貴族とは何かを考えると頭が痛くなる。イギリスの階級社会は僕らが思っている以上に複雑な繁文縟礼に満ちているのだ。ここで説明しきれるものでは、決してない。


★尚、本稿は『英語青年』2003年5月号の植松靖夫先生の論文を参考にさせて頂いた。さらに詳細を知りたい方は、『現代英米情報辞典』(研究者出版,2000年)等を参照するとより理解が深まるだろう。

人気blogランキングへ


スポンサーサイト
TOP

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。