言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「失う」とはどういうことだろうか?
僕らは何かを得た代償として何かを失うのだろうか?
あるいは「失う」とは、それ自体で何者にも換え難い「何か」なのだろうか?

 Elizabeth Bishop(1911-1979)という女性は「失う」という概念に真剣に向き合った詩人だった。

ものを失くす技術を覚えるのは、難しくない。/The art of losing isn't hard to master.

僕らはいろんなものを失う。そして全ては「過去」へと帰される。にもかかわらず、僕らは「過去」に囚われており、そこから逃げ出せずにいる。愛する人を失った悲しみは何ものにも換え難い。にも関わらず彼女は、I shan't have lied.(ものを失うことはやさしいという私の言葉は、「嘘」にならないだろう)と嘯く。詩人は耐えているのだろうか?

 この詩は、villanelleと呼ばれる17世紀フランスの複雑な詩型で語られる。脚韻は2種類のみ、第一連の第一行と第三行全体の変形が、かわるがわる各連の最終行で繰り返され、第6連ではその両方が現れる。是非、朗読を聴いてその音の美しさを体感していただきたい。

→詩の朗読ビデオを見る

人気blogランキングへ

One Art

The art of losing isn't hard to master;
so many things seem filled with the intent
to be lost that their loss is no disaster.

Lose something every day. Accept the fluster
of lost door keys, the hour badly spent.
The art of losing isn't hard to master.

Then practice losing farther, losing faster:
places, and names, and where it was you meant
to travel. None of these will bring disaster.

I lost my mother's watch. And look! my last, or
next-to-last, of three loved houses went.
The art of losing isn't hard to master.

I lost two cities, lovely ones. And, vaster,
some realms I owned, two rivers, a continent.
I miss them, but it wasn't a disaster.

---Even losing you (the joking voice, a gesture
I love) I shan't have lied. It's evident
the art of losing's not too hard to master
though it may look like (Write it!) like disaster.





スポンサーサイト
TOP

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。