言葉だけでいいから、僕のこと、信じてくれないか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』(2003)は答えを出さない。実際にあったアメリカ、コロンバイン高校での銃乱射事件を背景にしていることから、事件の核心や思春期の少年少女の内面を描いた映画だろうと思って観ると、のっけから期待を裏切られることになるだろう。
 光の移ろいをカメラは繊細に捉え、子供たちの背中をカメラは時にやさしく、時に執拗に追いかけていく。時間軸から寸断されたプロットによって、カメラは同じ光景を何度も違う角度のショットから捉えなおす。少年少女の背中を追いかけていたカメラは、時に唐突に、どこか遠くのカメラに切り替わり、小さな被写体としての彼らを捉える。僕らがそういった視点操作から感じとるのは、確定的な意味ではない。違和感。奇妙なズレ。何かが捩れているであろう不安。だが、それこそ僕らの日常的光景にほかならないのではないか。ここに登場する普通の若者たちと事件を起こした少年たちの間に、何の違いがあったのだろうか。それゆえに、この映画は恐ろしいのだ。僕らは考えざるをえない。

 一体何が間違っていたのだろう?

 エメラルド色をした空の色が、雲の波間が、刻々と変化していく様をカメラはゆっくりと追っていく。僕らはそれを目で追うことになる。やがて、雲行きが怪しくなっていくのを僕らは知る。ここでも奇妙な違和感を僕らは感じることになる・・・だが、それをうまく説明することはできない。僕らには問題が大きすぎるのかもしれない。それこそ象(elephant)のように。

グッド・ウィル・ハンティング』や『小説家を見つけたら』にしても、ガス・ヴァン・サントはショット一つ一つを決して蔑ろにしない。構図を確と見定める。若手の監督でこれほど、ショットに自信をもっている映像作家は稀だ。その意味でも、もっと評価されてよい作品だと思う。

人気blogランキングへ



スポンサーサイト
TOP

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。